包茎は治療したほうが良い?

様々な病気を引き起こす、包茎のリスク

包茎は、男性の多くが密かに抱えている悩みの一つです。特に日本人男性には多く見られ、軽い包茎も合わせると全体の約8割の人が包茎だと言われています。包茎自体は病気ではありませんが、様々な病気になりやすいというリスクはあります。皮のかぶっている箇所は上手く洗えないので、そこに菌が繁殖するケースも多いためです。 包茎の人がかかる病気として特に多いのが、亀頭包皮炎と言われる炎症です。これは、皮のかぶっている部分に垢が溜まり、そこから菌が炎症を起こすもので、腫れや痒みを伴い、症状が悪化すると排尿に支障をきたす場合もあります。また、包茎の人は陰茎ガンや尿路感染症にかかる可能性も高いです。清潔に保って病気を防ぐためにも、気になる方は早めに医師の診断を受けることをおすすめします。

パートナーとの良い関係のためにも、包茎治療をおすすめします。

勇気を出して包茎治療することで、彼女や奥様とより良い関係を築くきっかけにも繋がると考えたことはありますか?男性自身、包茎には大きなコンプレックスを感じていますが、実は女性側にとっても気になる問題なのです。 まず、包茎だとどうしても皮のかぶっている部分に垢が溜まるため、臭いがきつくなります。男性側もコンプレックスを持っているため、お互いセックスを楽しめない現状が生まれてしまいます。また、包茎の人は性病になる確率が高いことも最近の医学研究で明らかになっています。自分だけでなく、パートナーに性病を感染させてしまっては嫌ですよね。 ご自身のためにも、パートナーのためにも、包茎が気になっている人は一度病院に相談し、手術の必要があるかどうか医師の診断を聞いてみてはいかがでしょうか。

包茎治療は、日帰りの外科手術が主流となっており、患者の身体的な負担が軽いことが大きな利点といえます。